ご相談・ご質問なんでもお問い合わせください

06-6779-3500

BLOG

ブログ

【偽物!?真贋編】ルイヴィトン モノグラム モンソーの見分け方ポイント

ご覧いただきありがとうございます。
あなたの心に残る買取店 Coeuricheです。

今回真贋するのは、ルイヴィトンのモンソーです!

ルイヴィトン モノグラム モンソー 真贋 見分け方

30年くらい前からあるバッグなのですが、近年のヴィンテージブームなどで人気再熱しました。
ポケットの中がべたついてしまうことがあり、古いモンソーのポケット内側は革が剥がれています(^^;)

古い製品なので、コピー品の見分け方も簡単なものが多いです。
他のバッグでも見分けるポイントにもなりますので、是非ご参考ください。

まずは真ん中の金具に注目していきます。

ルイヴィトン モノグラム モンソー 真贋 見分け方

 

上がコピー品、下が本物になります。

〇LVのロゴを見ると、本物は均一に細くきれいな刻印に対し、コピー品は少し太い印象です。
あとは革の色ですが、本物は濃い目の茶色ですが、コピー品はトーンの明るい茶色です。
そして、縫い目の糸にも注目します。本物はブラウンの糸ですが、コピー品は黄色の糸を使用しています。

続いてはこちら。

ルイヴィトン モノグラム モンソー 真贋 見分け方

フラップをあけたときの、金具の裏面です。
ネジ穴に注目します。どのブランドも共通で言えることなのですが、プラスネジは使用しておりません。

マイナスネジ、もしくは*のかたちをしたネジを使用しております。

プラスのネジ穴は基本的にコピーと思ってください。

 

続いてはこちら。

ルイヴィトン モノグラム モンソー 真贋 見分け方

おなじみのLOUIS VUITTON刻印です。

一目瞭然かと思いますが、コピー品の字体は不安定ですよね。

特に「O」の文字が異常に大きくなっています。

 

続いてはこちら。

ルイヴィトン モノグラム モンソー 真贋 見分け方

モンソーは前面にポケットがついているのですが、このポケットの内側もモノグラムになっています。
しかし、コピー品では上部だけがモノグラムで、あとは安っぽい合皮のような素材が使われています。

本物はバッグの内側やフラップ裏など全て同じ素材ですが、コピー品では異素材の組み合わせが多く存在します。
このコピーモンソーも、フラップ裏はスムースレザーのような素材を使用しています。

あとはポケットが開けやすいかも見分けるポイントの一つです。
コピー品の場合、素材がかたくてポケットを開くのにかなり苦労します…。
全体的にかたくて使いづらいと思うものは、気を付けましょう。

 

 

以上、ルイヴィトン モンソーの見分け方ポイントでした!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

■■□―――――――――――――――――□■■

ブランド買取店 Coeuriche

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-3-31
うえほんまちハイハイタウン南口1F

TEL:06-6779-3500
MAIL:info@coeuriche.jp
営業時間 10時~19時
定休日 水曜日

友だち追加

■■□―――――――――――――――――□■■

一覧に戻る